p.6/7


戻る

.現物を見ないと買えない
.ものによっては、ネットで注文する前にお店で現物を確認してからネットで購入するという方法もあります。ネットで買う場合、故障、サイズ違いなどアフターのことを忘れずに。
.領収書が欲しい
.これは業者にもよりますが、カード払いの場合は「カード会社の利用明細書」が領収書となるそうです。

 くわしくはウィキペディアに記載されています。

 販売業者に商品代金を払ったとしても、その間にカード会社やコンビニ店、代引きの場合は運送業者がからんでくるので、「普通のお店のように、領収証やレシートを下さい」と異なるのはおわかりだと思います。

.写真だけでは判断しづらい
.とくにブランド品には注意が必要で、返品が可能かどうかなどを含め、購入前にその店に問い合わせてみるのも手です。あと服や下着、靴、インテリア系の商品の場合は大きさ・サイズがわからないという不安もあります。

 ただ下着を一度試しに少量買って、サイズに支障がない場合は同じ商品を買ってもトラブルにはならないでしょう。

 過去にセカンドバックを買ったのですが、写真と若干、色合いが違いましたが、自分用ですので問題はありませんでした。



すぐに欲しい、待つのは嫌だ。クリスマスに渡したい
急ぎの商品を買う場合、近所のお店で買った方が良いでしょう。

 ネットで買って、翌日に届くことは非常にまれで、通常は数日、在庫を持たないショップの場合は1週間以上待たされました。土日・休日をはさむとさらに日数がかかります。

 またメール便とかゆうメールという割安な発送方法を選ぶと、最低でも3,4日かかりますし紛失保証がありません。

 過去に限定版のCDを注文した時、”出荷予定は5〜10日”という文言を見忘れた為、「他の店で買えば良かった」と後悔した経験もあります。


 たまにネットの書き込みで「ネットで注文したのに希望日に届かなった」という人を見かけますが、誕生日とかクリスマス、母の日といった特定の日のイベントに間に合わせたりラッピングが必要な時は、近くのお店で買う方が安心で確実だと思います。

 同様に輸送中の商品イタミを防ぎたい場合も、地元のお店がベストです。





戻る  次へ


copyright(c)魁哲哉