[ラベル管理] [ラベル]シート編


トップページへ戻るcontents
  登録 入力規則 変換式 修正 削除 印字テスト 用紙のサンプルあり

 用紙のサンプルなし ラベルシート その他


はじめてお使いになる時に

当ソフトを開いた時に以下のメッセージが表示されますが、下記のように対応して下さい。

「指定している ズック君の住所録 が見つかりません」 → 詳細


●Excel 2013/2010の場合
A. 当ソフトを開くと左上に「セキュリティの警告」が表示されるので、すぐ右側の
「コンテンツの有効化」をクリック。 ※または「マクロを有効にする」をクリックして下さい

B. 「このブックには、ほかのデータソースへのリンクが含まれています。」
 というメッセージが表示されたら更新しないを選択して下さい
  ※表示されない方は次の項目
  ※毎回表示される方はこちら



●Exce l2007の場合
A. 当ソフトを開くと左上付近に「セキュリティの警告」が表示されますので、すぐ右側の「オプション...」
をクリック。


 次に表示されたこの画面で「このコンテンツを有効にする」を選び[OK]をクリックして下さい。
 *実際の画面と異なる場合があります。




B. 「このブックには、ほかのデータソースへのリンクが含まれています。」
 というメッセージが表示されたら更新しないを選択して下さい
  ※表示されない方は次の項目
  ※毎回表示される方はこちら

 
毎回表示される
という方は次の手順を実施して下さい(Excel2013/2007をもとに記述しています)
1. 宛名ラベルを開き、宛名ラベルの画面を選びます。(住所録の画面ではありません)

2. Excelメニューの「データ」そして「リンクの編集」をクリックして下さい

3. 表示された画面の左下の「起動時の確認...」ボタンをクリック

4. 「メッセージを表示しないで、リンクの自動更新も行わない」を選択して[OK]ボタンをクリック

5. [閉じる]ボタンをクリックし、宛名ラベルを「上書き保存」して一度終了して下さい。
 以上により次回からは表示されません 



●2003以前のエクセルの場合
A. 「マクロを有効にする」をクリックして下さい

B. 「このブックには、ほかのデータソースへのリンクが含まれて(設定されて)います。」
 というメッセージが表示されたら更新しないを選択して下さい
  ※表示されない方は次の項目
  ※毎回表示される方はこちら

 
毎回表示される
という方は次の手順を実施して下さい(Excel2003をもとに記述しています)
1. 宛名ラベルを開き、宛名ラベルの画面を選びます。(住所録の画面ではありません)
2. Excelメニューの 編集/リンクの設定 を選択して下さい
3. 表示された画面の左下の「起動時の確認」ボタンをクリック
4. 「メッセージを表示しないで、リンクの自動更新も行わない」を選択して[OK]ボタンをクリック
5. [閉じる]ボタンをクリックし、宛名ラベルを「上書き保存」して一度終了して下さい。
 以上により次回からは表示されません






[ラベル管理]シートでの 登録

 ラベル用紙の仕様がサンプルデータにない場合は、まず[登録準備]ボタンを押します。

 すると画面は、データが登録されていない行までスクロールしますので、あとは下の入力規則
に従って入力して下さい。

 一枚の幅など mm単位をExcel上の値に変換されたい場合 は、先にこちらで概算値を出されると
便利です。

※登録済みのラベルのサンプルデータは、あくまでもサンプルですので、ご購入者の方が必要に
応じて修正して下さい。



 
入力規則
項目名項目の説明および備考
コード番号プログラム上の管理コード番号です。いじらないで下さい。
メーカー名−列×段:W×H必須入力です。”A社−2列×6段:83.8×42.3”などと、ご自分が区別
できる名前をつけて下さい。
必須入力です。ラベル用紙の列を入力。(半角数字)
必須入力です。ラベル用紙の段を入力。(半角数字)
一枚の幅必須入力です。ラベル一枚当たりの幅を入力。但し単位はmmではなく、

Excelのオプションの標準フォントがMS Pゴシックのサイズ11における、
"列の幅"で表示される値です。(半角数字)

※[テスト用紙]シートでいう列Aです。
一枚の高さ必須入力です。ラベル一枚当たりの高さを入力。但し単位はmmではなく、

Excelのオプションの標準フォントがMS Pゴシックのサイズ11における、
"行の高さ"で表示される値です(半角数字)

※[テスト用紙]シートでいう行1です。
ラベル間隔必須入力です。ラベル間の幅を入力。但し単位はmmではなく、

Excelのオプションの標準フォントがMS Pゴシックのサイズ11における、
"列の幅"で表示される値です(半角数字)

※[テスト用紙]シートでいう列Bです。
上余白必須入力です。ラベル用紙の上余白を入力。単位はcmです。

但し、Excelのページ設定上でみると、例えば2.15cmが2.1cmと"丸め"ら
れます。(半角数字)
左余白必須入力です。ラベル用紙の左余白を入力。単位はcmです。

但し、Excelのページ設定では値が"丸め"られます。(半角数字)


 1件分を横へ横へと入力し、次のデータはそのすぐ下の行の「メーカー名」列から入力するように
して、とにかく空いた行ができないようにして下さい。

 登録を完了させるには、一件ごと最後に必ず[更新]ボタンを押して下さい。そうすることで、[入力]
シートで選択できるようになります。
──→FAQ




[ラベル管理]シートのK2〜P2について

 ラベルのサイズのmm単位をMS-Excel(R)上の値に変換する式ですが、あくまでも概算ですので
必ず値の微調整を行って下さい。

 もし、数式を間違って消してしまったら以下の様に設定して下さい。

 セルL2:数式 =K2*0.5057
 セルN2:数式 =M2*3.12
 セルP2:数式 =O2*0.3947





[ラベル管理]シートでの 修正

 [ラベル管理]シートの左上に、”ラベルの種類”が表示されているコンボボックス(以下、ラベル
コンボ
)があります。ラベルコンボで修正したいデータをマウスで選択し、[修正準備]ボタンを押す
とその選択したデータへジャンプします。

 入力規則に従って修正して下さい。修正作業を終えるには、一件ごと 最後に必ず[更新]ボタンを押して下さい。
これにより、修正が完了となります。
──→FAQ




[ラベル管理]シートでの 削除

 修正と同様、ラベルコンボで削除したいデータをマウスで選択し[削除]ボタンを押すとその
選択したデータの行が反転し、メッセージボックスが表れます。「はい」で削除、「いいえ」でキャン
セルとなります。
──→FAQ





 これから、ラベル用紙の印字テストについて解説します。

印字テストの方法

 [ラベル管理]シートにおいて、次の手順で進めて下さい。

1.シート左上の「ラベルコンボ」でラベルデータを選択
2.[印字テスト]ボタンをクリック
 →選択したデータをもとに[テスト用紙]シートで、ラベルの枠を罫線で表します。
3.[テスト用紙]シートを、印刷プレビューで列や段を確認した上で印刷して下さい





@登録済みのサンプルデータに近い用紙をお持ちの場合

 ラベルコンボでラベルデータを選択し[修正準備]ボタンを押し、必要があれば「一枚の幅」
などの項目を微調整して、最後に[更新]ボタンを押して下さい。

 そして、印字テストを行います。

 印刷結果と実際のラベル用紙と比較して必要ならば、[ラベル管理]シートで修正し
再び印字テストを行ってください。

 とくに「上余白」「左余白」はプリンタによっては変更を必要とする場合がありますのでご注意下さい。



Aお手持ちの用紙がサンプルデータにない場合

 [登録準備]ボタンを押し、「メーカー名」〜「左余白」までを入力して[更新]ボタンを押して下さい。
※「コード」は入力する必要はありません

 そして、印字テストを行います。

 印刷結果と実際のラベル用紙と比較して必要ならば、[ラベル管理]シートで修正し
再び印字テストを行ってください。

 とくに「上余白」「左余白」はプリンタによっては変更を必要とする場合がありますのでご注意下さい。



●補足●
Q. プリンタが変わったら、ラベルのズレが大きくなった。登録済みのサンプルだとズレる。

A. プリンタが異なると誤差が生じる恐れがあり、メーカーが異なると誤差が生じることを弊社でも
確認しております。とくに[ラベル管理]シートでいう「一枚の高さ」や「余白」に誤差が出る可能性があります。

 「プリンタを買い換えたら、プリンタが変わったら誤差が生じた」という方は、誠に恐れ入りますが、
[ラベル管理]シートで該当ラベルの値を「修正」で微調整を行って下さい。

 また[ラベル管理]シートに登録済みのサンプルデータも、同様にプリンタごとに誤差が生じますので
「修正」による微調整をお願いします。




[ラベル]シートについて

●このシートは”印刷専用”です。「フォントの変更」と「列Bの幅(*)の調整」のみ可能です。
(*列Bの幅の初期値は37.38です)

 
フォントの変更
は次のとおりです。ただし[ラベル]シートのみフォントの変更が可能です。

1.[ラベル]シートで
 
 

の■の部分をマウスで右クリックし「シート全体」を選択します。


2.表示されたメニューの中の「セルの書式設定」を選び、[フォント]タブでフォント名やサイズをお選び下さい
※フォント名/サイズによっては正常に表示・印字されない場合があります。


●ラベル用紙一枚分のイメージは[ラベル]シートでいう”A1:B7”の範囲です。
ラベルとラベルとの間隔は列Cです。■の部分に「郵便番号」から「氏名1」までが転送されます。

 列Bの幅の調整の仕方:
  1. [ラベル]シートの(見出しの)列Bを選択すると列B全体が反転します
  2. 見出しの「B」と「C」との間へマウスのカーソルをもっていく
  3. ←|→ という状態になったら、マウスの左を押しながら左右に動かすと幅を調整できます。

   A    B  
   
  
 住所1 
 住所2 
   
 氏名1+敬称 
   
(ラベルイメージ図) ※[ラベル]シートでの幅や高さの調整は、列Bを除いて不要です。





[ラベル]シートの印刷について

Q.1枚のラベルで印字できる文字数は?

A.プリンタや文字の種類による違いもありますが、
例えばB3セルの住所1のデータだと全角15文字です。ただし設定条件は次の通りです。

フォント  :MS Pゴシック サイズ11

ラベル一枚幅:83.8mm

ラベルイメージ図:列Bの幅が31.38、行2〜6の高さの合計が73.5

  ※ただしこの幅や高さの値はExcelのオプションの「標準フォント」が
   「MS Pゴシック サイズ11」の場合の値です。


 
Q.例えば、1枚のラベルからデータの住所1がはみ出した時、白紙が出た時の対処法は?


A. 次のいずれかの方法をご検討下さい。

●ラベル用紙の種類が変わった場合

その1. 一度、[ラベル]シートの列Bの幅を出荷時の値 37.38 に戻して
 [入力]シートの[ラベルサイズ指定]ボタンを押し、[ラベル]シートを更新して下さい。
  列Bの幅を調整することで改善する可能性があります。

 ※考えられる原因:
   ラベル用紙の種類を3列から2列、2列から3列に変更した時や、
  列Bの幅を狭くし過ぎた場合は、実際のラベル幅と列Bの幅との差が大きいため
  用紙から住所がはみ出て印字されたり、白紙が出る場合があります

 ※列Bの幅が実際のラベル幅より広いと警告メッセージが表示されます。
  またラベルが3列の場合は、列Bを出荷時(37.38)より狭くする必要があります。

 ※[ラベル]シートの列B以外の列や行はいじらないで下さい。

 ※長い住所があると、2列から3列のラベル用紙に変更した時、
  プレビューの見た目は正常でも”白紙が出る場合がある”ことを確認しており、
  通常は列Bの幅調整で改善されますが、改善されない場合は下記のその2
  一部住所の移動をご検討下さい。




●ラベル用紙が変わっていない場合は、最近、追加された方の住所が長い可能性があります

その2.基本ソフト”ズック君の住所録”の個人データの修正処理で、「住所1」のはみ出した
 文字を「住所2」へ移す。

その3.[ラベル]シートのフォントサイズを小さくする。

その4.ラベル幅の広いラベルを使う。







Q.文字がはみ出し「住所の後方の数文字だけが印刷された用紙」があった場合の対処法は?

A.以下の3つの対処法があります

その1.基本ソフト”ズック君の住所録”の修正処理で、「住所1」「住所2」などの文字数を減らす。

その2.[ラベル]シートのフォントサイズを小さくする。

その3.[ラベル管理]シートで、そのラベルデータの「一枚の幅」「一枚の高さ」を少し小さめに
 設定する。







その他

ヘルプボタン:このヘルプを開きます。開かない場合は、ソフトと同じフォルダのsakilb_00.htmlを直接開いて下さい

Sakigakeソフトボタン:インターネットに接続されていると直接、弊社のホームページへジャンプします。
 ※インターネットに接続されていない時には押さないで下さい






トップページへ戻る
(c)Sakigakeソフト,2014