TOP > 音楽・オーディオ > 未ファイナライズDVDRを救う

ファイナライズしていない、ファイナライズを忘れたDVD-Rを救う方法

2017年3月改訂 2010/12初版
 ネットで検索して見つけましたが、大変便利なソフトを製作されている方がおられました。

未ファイナライズのディスクから番組・映像を救うフリーソフト「ReadDVDR」

http://www.geocities.jp/triple_chic/
readdvdr.html

※著作権は Triple Chic 様が所有の無料ソフトです。

※使用におけるいかなるトラブル・損害も、使用された方の自己責任でお願いします。ソフト製作者様および管理人は責任を負えません。
※地デジの録画(CPRM)のDVD-Rについては製作者様も書かれていますが無理かもしれません。(管理人は試していません)

※管理人が動作確認したOSは Windows 10/ 7 / Vista です。

 フリーソフトとDVDレコーダーとの相性ですが、レコーダーによっては対応できないこともありえますが、ソフトの製作者様が確認されているPanasonicのレコ(E80)とスゴ録(HX50)と、管理人が確認した三菱のひと昔のDVDレコーダーなら問題ありませんでした。

なお、対象は「ファイナライズしていないDVD-R」で、そのままだと読めない、見れない、「空」と表示されるといったディスクです。

※「キズが入ったディスク」は対象外です。

 このソフトで映像部分を抽出できれば、ファイナライズを忘れた・していないDVDの映像をパソコンで見れたり、ライティングソフトを使えば新たに書き込むことができるかもしれません。

 このページはそのソフトの「抽出」機能を使って録画した番組などを救出する手順を解説しています。

 ただし「絶対に見れる」という保証はできませんので、あらかじめご了承下さい。


●「抽出」の手順

1. デスクトップなどに新規のフォルダ(名前例:VIDEO_TS)を作ります。

2. このソフトを起動します。

3. 1で作ったフォルダを「出力フォルダ」として[参照]ボタンで指定します。

4. 「ファイナライズしていないDVD-R」を入れて「チェックDisk」ボタンをクリックします。

 ※ディスクを入れて読み込みが止まるまで待って下さい。数分経って止まらない場合は、チェックDiskボタンを押して下さい。

5. タイトルNo. の番号を選択します。


6. [抽出]ボタンのクリックで出力フォルダに出力されます。
  フォルダ内に ***.VOB / ***.IFOなどのファイルができます。

  ちなみに画面左下に状況(例. -抽出中-)が表示されます。

例. 抽出直後のフォルダの中身

※DVD-RやDVD-RWなどディスクの記録方式によっては抽出される内容が異なる場合あります。また、この後のライティングソフトの書き込みで、ソフトの機能によりファイル数が増える可能性もあります。
7. あとはライティングソフトで6のファイル群を生のディスクに書き込むだけです。注意点は「VIDEO_TSフォルダ」のように、DVD形式のディスクと見なされるように書き込む必要があります。

 成功すればメニューのないDVD-Rを作ることができ、PCやDVDプレイヤーでも見れるまでに復元できます。メニューがないので通常はすぐに再生が始まります。

 以上によりファイナライズしていないディスクから「映像の一部ファイル」を抽出(復活)することができました。
●ソフトについて補足

 ソフトの右下に[Finalize]ボタンがありますが、そのボタンは右上の[抽出]ボタンを試してもダメだった時の最終手段にしています。理由は[Finalize]ボタンはディスクに直接書き込みを行うからです。一度[Finalize]ボタンでファイナライズをしてしまったディスクは元に戻せません。実行の前に実施すべきかどうか再考することをオススメします。

その理由からこのフリーソフトの使用は”抽出”が主な目的です。
●Windows10(64bit)でも「抽出」はできました-2017/1/9追記

 すでにファイナライズ済みのディスクだったため、チェックDisc/参照/抽出ボタンのみしか動作確認をしていませんが、目的のIFO/VOBファイルが生成されました。

※Finalizeボタンなど他の機能は試していません。ご容赦下さい。
 このフリーソフトは、他社のDVDレコーダーでは読むことができない(見れない)、あるいはパソコンに入れると空のディスクと認識されるDVD-Rから「映像ファイルを抽出」してくれるので、大変ありがたいものです。

ただし私の場合、ディスクの最後に記録した番組だけが抽出されませんでしたが、”すべての番組が見れない”よりはマシなのでありがたいものです。しかし抽出できなかった原因は不明です。



DVDレコーダーが壊れてわかったことですが

●ファイナライズはお早めに。これによりメニュー画面があり互換性のあるDVD-Rを作成できます。


●基本的な話ですが、ファイナライズをすることで「メーカーが異なるプレイヤー・レコーダー間での再生が可能」となります。もし、ファイナライズをしていないと、録画したレコーダーでしか再生できないと考えるのが一般的と思われます。

つまり録画したレコーダーが正常な状態の時にファイナライズをしておく必要があるので、空き容量(録画時間)が少ないディスクは早めのファイナライズが良いかもしれません。

●ファイナライズしていないディスクに録画した番組は、ファイナライズが完了するまでハードディスクに残しておいたほうが良いかも知れません。

●(要望)ファイナライズしていないディスクに対するフォローを各メーカーも用意しておいて欲しかったです。

●(これはレコーダー内の話ですが)ファイナライズを忘れた場合、最後に記録した番組が見れないことがあると想定すると、レコーダーからディスクにコピー,移動する場合は、重要な番組はディスクの最初の方にしておくのも方法の一つではないかと感じました。


関連記事
光ディスクが読めない時の対処法と予防法


TOP > 音楽・オーディオ > 未ファイナライズDVDRを救う

Twitterでつぶやきますか?
ツイート


copyright(c)魁哲哉 2010/10/28初版