TOP > 政治 > 対馬の土地が買収されている

対馬の土地が海外企業に買収されている

2020年5月改訂 2009年記

2020.1.26付 NEWS ポストセブン 韓国人客が消えても土地買収は続く…国境の島・対馬の現在

https://www.news-postseven.com/archives/20200126_1532092.html

・20軒以上の民家に韓国人が住んでいる地域もある

・島の中心地・厳原町に『民団長崎県対馬支部』という看板を掲げた建物が出現

・軍の要衝でもあった対馬の状況は日本の安全保障に直結します。この重要な島から日本人がいなくなり、韓国資本が不動産買収を進めている現状にもっと危機感を持つべき

・本質的な問題は、日本人の領土に対する意識が低いことです。外国資本の土地買収を法律で制限していないのは、アジアでは日本だけです。『領土・主権・国民』のひとつでも欠けたら、国民国家は成り立ちません。日本でも早々に、外国資本による不動産買収を制限する法律をつくるべきです



ウィキペディアより

・2008年頃から韓国資本が対馬で土地の買い占めを行っているとの報道

・旧日本海軍の施設のあった土地の所有者が自衛隊への売却を希望したが、自衛隊側が買収予算計上に時間をかけている間に、韓国資本が日本人名義で土地を買収し、リゾート施設を建設したことも明らかに

・2008年11月12日の合同会議では、韓国資本による不動産買い占めは5500坪(島全体の0.26%)におよぶことが報告

・韓国人による文化財の窃盗事件が頻発している。対馬は防犯意識が低く、朝鮮渡来品が多いため、盗品ブローカーたちからは「宝の島」と呼ばれている。


個人の意見


土地が買われるのは、日本は資本主義なのでやむを得ないのかもしれません。

ただ、日本国民として「外国の企業による土地の買収」が続くと、日本人が住みづらくなるだけでなく、新たな占領行為にも思えます。


「一部観光客のマナーの悪さ」がもし真実なら、島民に不快な思いをさせ最終的に島から追い出そうとしているのかもしれません。

また海外の活動家がやってきて「対馬は韓国のもの」という「ウソによる街宣運動」をしているそうで、ウソも100回言えば真実になるという事態を招きかねません。


国土交通省などの官僚の方々。ぜひとも早々に動いて対処策を講じて下さい。 そして


対馬は古来から日本のもの

日本国民はこの事実を忘れずに継承していくべきです。



TOP > 政治 > 対馬の土地が買収されている