TOP > アニメ > 新機動戦記ガンダムW

新機動戦記ガンダムW
1995年サンライズ製作
管理人的かんたん解説
amazonで販売中のガンダムW関連商品
 地球対コロニー。地球側による一方的な制圧からコロニーの人々を守るべく5人の若者が5機のガンダムとともに地球に舞い降りる。
 たった5機で、という感じがしないでもないが、この5人はいずれもジェームスボンドばりのスパイ工作にたけた人たち、かといってファーストガンダムのニュータイプやゼータの強化人間でもない、いわゆる訓練によって鍛えられた若者達が主人公です。


 しかも、これまでのガンダムと違うのは「軍対軍」ではないところ。5人といってもそれぞれ仲間でもなく、戦いの中で自分達の進むべき道を探していたら結局、同じ目的となったという珍しい展開。


 それだけではなく、敵自身も内部分裂したり、反乱分子が出てきたりと、正直2話ぐらい見逃すと話についていけない恐れのある、あえて言えば「ストーリーの難易度が高いアニメ」と思えます。

こういった人におすすめ
 アニメと聞いて、アニメは幼稚、子供向けと思っている人にこそ見て頂きたい。

 ガンダムシリーズの中でもストーリーがしっかりしている部類で、到底、子供達には理解しづらい内容だからこそです。

 ただ、ファーストは連邦対ジオンというわかりやすい構図とモビルスーツ(MS)というロボットの豊富さ・スタイルによる人気で、万人受けしたのでしょうけど。

キャラ像
 すべて美形。とくに5人の主人公は女性に受けたであろう美形揃い。とくにカトルとトロワは人気があったと思われます。


 敵(?)のトレーズ閣下やシャアのような仮面をかぶるゼクスも美形(ゼクスは途中で強い決断のもと仮面を脱ぎます)。ヒロインに仕える執事までもが老紳士で、ファーストのハヤトコバヤシのようなキャラは一人もいません(ハヤト、ゴメン)


 キャラデザイナーの違いでもあるのでしょうが、少しは三枚目がいてもいいんじゃないの?

モビルスーツ像
 主人公達の乗るガンダムは、いずれも高機動型。ただ、カトルの乗るサンドロックは宇宙ではやや不利のようでした。


 正直にいえば、当初、ガンダムの顔をつけたMSが5体もいた時点で亜流に思えて、このアニメは好きにはなれなかったのですが、ストーリーに私が順応していくにつれ見慣れました。これはGガンダムでも同じなのですが。


 ただ、敵のMSは全体的にあまり好きになれません。ガンダムの敵=ザク顔、というイメージからかけ離したかったのかもしれませんが。それでも、リーオーや後半に出てくるガンダムエピオンは好感が持てます。

見どころ
 主人公のヒイロとヒロインのリリーナとの、ちょっと変わった恋愛模様

ゼクスの仮面のわけ
ゼクスとトレーズとの友情
ゼクスとノイン、トレーズとレディ・アンの信頼関係

このように、人間模様だけでも充分に楽しめます。
楽天市場のホビー・おもちゃコーナー
こんなところが好き
 ”ガンダム”という名を冠しながら、ファーストガンダムとは全く関係のないストーリーを描いた点

ゼクス+トールギス 公式

(エンドレスワルツ編ではIII型) 関連サイト

こんなところが嫌い
 敵のMSにどうしても愛着がわかない。ファーストのグフとかドム、ズゴックなどは今みても見劣りしないのに。。。


 あと、主人公の5人のうちカトル以外、ほとんど素性が明かされていない。(ひょっとすると私が見落としているのかもしれませんが、それでももう少し背景が見えてもいいような)

まとめと希望
 正直、ファーストと同じくらいおすすめできる作品に思えます。


 ですのでレンタル、衛星もしくはケーブルなどで見る機会があればおすすめします。


 ただ私自身は、可能ならブルーレイ/DVD(公式)をコンプリートしたいのですが値段が。。。


 最近のアニメは本放送中にブルーレイ/DVDを販売する傾向があり、それは構わないのですが、若干、高い。海外のDVDのように安く販売して欲しいものです。


 あと、またいつかWのようなガンダムを作ってもらいたいものです。ただ、WのゼロもSEEDのフリーダムもそうだったのでずが、「ほぼ無敵」というのは危機感が少なくハラハラできません。



TOP > アニメ > 新機動戦記ガンダムW