パソコン講座 > キーボードの不思議なキーの読み方

2019年1月一部改訂

■ハード(ハードウェア):
 コンピュータを構成する機器で周辺機器も含めます。一般的にはパソコンやスマートフォン、タブレットといった機械をさし、プリンタやSDカードも含まれます。
■ソフト(ソフトウェア):
 ハードウェア上で動くプログラムで、パソコンのWindows(R)やMac(R)、スマホのiOSやAndroidは基本ソフトウェア(OS、オペレーティングシステム)と呼ばれ、そのOSにインストール・ダウンロードして動かすソフトをソフトウェアやアプリケーションソフトウェアと呼びます。

なお、パソコンでは「ソフト」、スマホでは「アプリ」という呼び方が一般的です。



■IT、IT技術:
 情報通信技術。インターネットだけではなくソフトやハードの技術や情報活用の仕方など全て


■<呼び方> . :ドットもしくはピリオド


■<呼び方> @ :アットマーク



■F1〜12:プログラムファンクションキー

  もともとの機能はありません。ソフト毎にそれらのキーを利用して、操作性の向上をはかっていることがあります。ただし、それらのキーの機能を覚えなくても、キーボードやマウスで代用できるようにソフトは作られています。



■キーボード上の読めない、読みづらいキーの読み方

 Alt:オルトまたはアルト。他のキーと併用します
 (wikipediaより)Alternate key (オルタネイトキー) の略


 /:スラッシュ。連続の”//”はスラスラと呼ぶ人も。

 ~ :チルダ。にょろ、という方も

 : コロン

 ; セミコロン

 _:アンダーバー

 Ctrl:コントロールキー。他のキーと併用します

 CapsLock:キャプスロック。Shiftキーと同時に押すたびにキーボードの該当のランプや画面内の表示がオンオフします。オンの時、英字が大文字になります。

 (wikipediaより)CapsとはCapital lettersの略

copyright©http://www2.oninet.ne.jp/sakigakesoft/pc/



トップへ


パソコン講座 >  いまさら聞けない