パソコン講座 > キャノンプリンタMG7130の批評

※当方は記事のみで、この記事を参考にされたことに関して一切責任は負いませんので悪しからずご了承下さい。

2014/8/16 (2014/12/6改訂)
父が購入したプリンタを管理人がセットアップし、使用感をレビューしたページです。

キャノンのインクジェット複合機 MG7130(ブラック)  仕様・公式 父が買ったのはブラウン です


●購入前後
  キャノンのMP640を使って約4年半、「エラ−B200。サービスセンターへ」と表示され改善しないので故障と判断。そしてキャノン製を希望する父のために商品ラインナップを調べると、複合機の上位モデルであるMG7130でも1.5万円程度(購入時)で購入できることがわかりました。

  実際のプリンタの大きさですが、MP640に比べると「薄いものの、全体的に大きくなった」感じがします。パソコンラックの上にプリンタを設置する場合は公式の仕様を見て、サイズ(外形寸法)を把握しておいた方が良いでしょう。



●初期設定
  約1時間で終了。以前のようなプリンタヘッド位置の調整はすべて自動なので大変ラク。ただし、添付CDのドライバが Windows 8 までの対応だったので、ネットから「Windows 8.1 用のインストールプログラム」をダウンロードしてインストしました。 USB接続なので何事もなく完了。



●使用感 買って一ヶ月の評価

  プリンタの電源がオンの状態からの印刷開始速度は「早い」です。Wordで印刷をクリックすると、数秒でプリンタの給紙ローラーが動き出します。4年以上前の MP640 に比べると「約半分の時間で印刷が完了した」感じです(計測していませんが、そんな印象です)。ただしプリンタの電源を入れてすぐに印刷すると、相変わらず遅いです。

  複合機単体で、親戚にあげるために昔のモノクロ写真を光沢紙にコピーしたのですが、想像以上にキレイにコピーできました。



●廃棄プリンタ
  ネットで買わなかった理由は「故障したMP640の廃棄を電器店に頼みたかった」からで、実際、無料で引き取ってくれました。



●ネット上の「インクの消費が早い」という評価
  購入直後はプリンタ本体にインクを満たす必要があるため、インクタンクから相当量のインクを消費するそうです。その為、買った直後は「インクの消費が早いという印象が強い」と思われます。

  また、このプリンタには同じ色でも「標準インク」と「大容量インク」と2種類あるので、交換が面倒という人は大容量の方が良いかもしれません。しばらく使った上での感想として「昔のキャノンの機種に比べ、少し消費が早いかもしれないが、極端に早いというほどではない」というのが個人的な印象です。

  大容量インクやセットアップ用インクについては仕様をご覧下さい。


補足:インクがすぐなくなる/インクの消耗が早い/インクが減る・減りが早い(インクジェット複合機)
  →要約すると、プリンタの起動時は毎回ヘッドクリーニングを自動でしているそうです。
   そして、プリンタの電源ではなく電源タップのスイッチで電源を切っている場合、次回起動時のヘッドクリーニングが長くなり、その分、インクの消費も早くなるので、プリンタの電源スイッチで切った方が良いとのことです。
copyright©http://www2.oninet.ne.jp/sakigakesoft/pc/



パソコン講座 > キャノンプリンタMG7130の批評