ある日、朝早くプリンは好物のニンジンを探しに森へ行きました。

  そして2つほど小高い丘を越えたところで一休みをしていると

  「なにしてるんだよ、うさぎさん」

  と大きな声でライオンが近寄ってきました。

   プリンは逃げようとするとライオンに食べられてしまうと思い

  小さな声で「うん、ニンジンをさがしてるんです」と言いました。

  しかしライオンはとっても穏やかでプリンをおそって食べようとする

  気配はまったくありませんでした。

  「それならオレにまかせなよ、いいところ知ってるよ、ついてきな」