押し花の作り方 



1 .草花の処理

 きれいな押し花を作るには,早く乾燥させることが一番。そのために,花びらや葉が重なっているときは間引くようにします。太い茎は,カッターで半分に切るかサンドペーパーでそぎ落とします。花の正面向きが欲しいときは,花首をカットして花と茎に分けます。

2.花材の押し方

 はさんで重しを乗せるだけでもできますが,より早く乾燥させるために,シリカゲルを使います。シリカゲルは,シート状になっているものや袋入りの顆粒状のものがあります。
 また,電子レンジ専用のプレス器を使って乾燥させる方法もあります。
 アイロンを使う場合は、低めの温度で10秒を限度として押し,数回繰り返します。
 その他,仮押しをしておくのに電話帳を利用したり,段ボール紙を利用する方法もあります。
         ※詳しくは,押し花教室『スーのいえ』で紹介されていますよ。

3.作品作り

 押し花が出来上がったら,デザインを考えて置いてみましょう。
 決まったら,つまようじなどを使って少量のボンドで貼ります。しおりやカードなら,仕上げにコーティングシートを貼ります。アクリル製のキーホルダーやコースターなら中に押し花をはめ込むだけで簡単にできます。
 色が残りにくいものや退色したものは,専用の着色剤を使うといいですよ。

4.保存

 作品を長持ちさせるためには,直射日光に当てないようにしましょう。
 余った押し花は,乾燥剤と一緒に密封できる容器に入れておき,日光が当たらず湿気の少ないところで保存します。


主な用具
       
 カッター
 はさみ
 ピンセット
 サンドペーパー
 ボンド
 つまようじ
 シリカゲル
 電子レンジ専用
   押し花制作器

その他
 半紙  新聞紙
 ビニル袋
 密閉できる容器  など



BACK