運輸安全マネジメントについて
運輸安全マネジメントとは、輸送の安全確保が最も重要であるという意識を経営トップから現場の運転士まで一丸となった安全管理のための構築を図り、輸送の安全に関する計画作成、実行、チェック、改善( Plan,Do,Check,Act :以下PDCA)のサイクルを活用して事業者の安全の確保・向上を継続的に推進していく仕組みです。

■安全運輸マネジメント 基本方針

当社は、輸送の安全確保が御客様への最大の顧客満足、事業経営の根幹であることを深く認識し、代表取締役社長が中心となり、社内における輸送の安全の確保に主導的な役割をはたします。現場運転士とのコミュニケーションをとり、現場の状況を十分に把握し、全運転士、社員に対して輸また、輸送の安全に関する情報については、積極的に公表します。
輸送の安全に関する目標に対する達成状況(平成28年4月〜平成29年3月)
(自動車事故報告規則第二条に基づく報告事故統計)
平成28年度
区分 目標
人身事故 前年度目標: 0 件
前年度実績: 1 件
物損事故 前年度目標: 0 件
前年度実績: 2 件
車内事故 前年度目標: 0 件
前年度実績: 0 件
車両故障 前年度目標: 0 件
前年度実績: 0 件
(道路運送法 自動車事故報告規則第2条に規定する事故)

以下28年度 軽微な接触件数
区分 目標
空車時物損事 車庫内にてバス右前面部に軽微な破損
(自家用車のギア操作ミスによる)

実車時物損事故 右後方側面部ボディーに軽微な破損
(電柱横のポールへの接触による)
空車時3件。実車時1件の物損事故がありました。
修理費用はどれも3万円未満の軽微なものが大半でした。どれも不注意からの事故なので、安全運行への意識をより高める必要があります。実車時にも1件ありましたが、お客様にはご心配をお掛けし大変申し訳なく思います。プロである以上防衛運転が必要です。
平成29年度 安全目標
区分 目標
人身事故 今年度目標: 0 件
物損事故 今年度目標: 0 件
車内事故 今年度目標: 0 件
車両故障 今年度目標: 0 件
平成29年度  安全目標を達成するための「輸送の安全」に関する目標
@ 交差点での事故件数ゼロ(軽微な接触を含む)
   ・予期しない自転車と歩行者の交差点への侵入に注意する。
     [バス] 交差点を右左折するときは、周りにひと気がなくても必ず目視で確認をする。
     [バス] 空車時の気の緩みを特に注意し安全運転に努める。
         後退時の注意を徹底。

     [タクシー] 交差点付近でのお客様の乗降には特に注意を払う。

A 車線変更時は真後ろの車にも注意する。
   ・車線変更の際に横の車だけではなく、後ろからの追い越しにも注意を払う。
   早めに方向指示器を出して、ゆとりをもって車線変更をするようにする。

B 違反件数ゼロ

   ・ プロドライバーとして営業車はもちろん普段の自家用車においても違反ゼロを目標とする。

C 全事故件数前年比半減以下
   ・ 昨年の結果の反省やヒヤリハット、危険個所の共有をし、半減以下をめざす。
平成29年度  輸送の安全に関する計画
年間スローガン  いのちを運ぶ、その責任と誇り
  月別スローガンの制定(3月31日作成)
   月別にその月独特の危険を予測し、月別のスローガンを作成し、取り組む
4月 交通ルールの遵守
@法定速度の遵守
A安全な車間距離の保持
5月 かもしれない運転の徹底
@入学シーズンの為、歩行者には特に注意
Aゆとりのある運転の励行
6月 路面の状態を考慮した運転
@雨の日の視界不良、路面状態に注意
Aイエローストップ運動の推進
7月 車両特性に応じた運転
@内輪差・オーバーハングに注意
A看板・標識・柵等への接触注意
8月 健康管理の推進
@熱中症対策にこまめな水分補給を案内
A暴飲暴食を慎もう
9月 防衛運転の徹底
@信号のない交差点での飛び出しに注意
Aあらゆる状況での危険を予測
10月 車内事故防止の徹底
@発車時のシートベルト着用促進
Aなめらかな発車と停車
11月 扉事故防止の徹底
@ミラーと目視で扉開閉の完全確認
A必ず停車してから扉操作励行
12月 心にゆとりを持った運転
@交通量が多く渋滞になりやすい時期、焦りは禁物
A思いやりある運転を心がける
1月 冬期安全運転6則の徹底
@「タイヤチェーン、こころにチェーン」
A「急」のつく動作の厳禁
2月 冬期安全運転の徹底
@冬期安全運転6則の徹底
A異常気象時の的確な情報収集と指示・命令の励行
3月 車両整備・チェックの徹底
@整備不良での事故等が無いよう努めます
Aヘッドライト、ブレーキランプの確認
[新人乗務員訓練]
  ・適性診断『初任講習』の受診
  ・自社バスにてバス部長及び運行管理者添乗研修
  ・初任運転者には20時間以上の運転訓練

[乗務員研修]
  ・適性診断『一般適性講習』の受診
  ・岡山県バス協会推奨『クレフィール湖東』での1泊2日講習及び実車研修予定
  ・ディーラー実施の安全研修及び省燃費講習
  ・安全運輸・ヒヤリハットの共有会議( 2 、 3 カ月に 1 回・・・ 4 月 /7 月 /9 月 /12 月 /2 月)
  ・マネジメント会議・ 月別スローガンを作成および周知徹底
  ・ヒヤリ・ハットの会議とドライブレコーダーの結果確認
平成29年度 安全マネジメント社内会議の一部を紹介(ヒヤリハット報告会及び安全会議の報告事例)
  1. 危険箇所・・・・交差点や、普段予期しない場所
  2. 交差点や大通りを運行中、まったく予期しない場所から自転車や歩行者が飛び出してくる事がある。特に自転車はスピードも早く確認が難しいので注意が必要です。大通りなどの視界が広い場所では注意力も薄れがちになりますが、車の陰から自転車や歩行者が飛び出してくるかもしれないという気持ちで運行することが大切です。

  3. 危険箇所・・・・走り慣れた場所
  4. 普段よく走る場所は気が緩みがちになる。
    そういう場所こそ「だろう運転」ではなく「かもしれない運転」を心がけて運行するようにする。
平成29年度 軽井沢スキーバス事故対策検討委員会 安全輸送緊急決議
    平成28年1月15日に長野県軽井沢町で発生したスキーバス事故を踏まえ、二度とこのような悲惨な事故を起こさないよう、徹底的な再発防止策について緊急の会議が執り行われました。死者15名を出す誠に悲惨な事故が発生してしまい、これ以外にも重大事故に繋がりかねない事故が相次いで発生しているため、バス事業者全体で各自の安全対策を再確認し、安全・安心がすべてに優先するとの決意をもって、業界を挙げて以下の事項に取り組む。

  1. 検討事項は以下の通りです。
    ○事業参入の際の安全確保に関するチェックの強化
    ○監査の実効性の向上(事業参入後の安全確保についてのチェックの強化)
    ○運転者の運転技術のチェックの強化
    ○運賃制度の遵守等、旅行業者を含めた安全確保のための対策の強化
    ○衝突被害軽減ブレーキ等、ハード面での安全対策の強化 など

  2. 個別具体の安全対策は以下の通りです。
    【シートベルト着用促進】
    @バス出発時(サービスエリア等での休憩後含む)のシートベルト着用案内の徹底
    A運転者の目視によるシートベルト着用状況のチェック、案内表示の明確化の推進、ビデオでの案内。
    【運転者の訓練・技量の確認】
    @運転する車両や運行ルートに応じ、運転者の運転訓練の実施と運転技量の確認
    A運転者の事故歴や適正診断の結果に基づく効果的な個別指導の実施 等
    【確実な運行支持及び安全な運行ルートによる運行】
    @旅行業者との調整の下、より安全な運行ルートの選定
    A点呼における運行ルートの危険個所や注意を要する事項等の的確かつ具体的な指示 等

運輸安全マネジメント会社概要mtラッピングバス稲荷交通スタッフ緊急時の対応について座席表ダウンロード定番観光スポット求人のご案内求人のご案内
稲荷交通は(平成27年度)貸切バス安全性評価認定(★)の認定を受けました。
貸切バス事業者安全性評価認定マーク
貸切バス事業者安全性評価認定

日本バス協会に加盟しています
日本バス協会会員証
貸切バス事業者安全性評価認定