貸切バス新料金制度

■新たな運賃・料金制度とは
1. 時間制運賃とキロ制運賃を合算して計算します。
@ 時間制運賃
出庫から入庫までの時間に、出庫点検・帰庫点検の各1時間ずつ合計2時間を加え、時間制運賃を乗じる (最低保障として、3時間に点検時間の2時間を加算した5時間とします。)
A 出庫から入庫までの距離にキロ制運賃を乗じる。

2. 料金の種類について
@ 深夜早朝運行料金
22:00〜5:00に係わる運行は、その係わる時間については2割を限度とした割増し料金を適用。
A 交代運転者配置料金
長距離・長時間・夜間運行などで安全運行のために交代運転者を配置した場合に適用。
交代運転者配置料金の計算⇒時間制料金=下限〜上限、キロ制料金=下限〜上限
B 特殊車両割増料金
サロンカー、リフト付きバス等は運賃の5割以内の割増しを限度として適用


3. 行政処分が厳しくなりました。(平成26年7月〜)
@ バス事業者
初違反⇒20日車の車両使用停止/再違反⇒40日車の車両使用停止
A 旅行業者
貸切バス事業者が、届出運賃違反で行政処分を受け、旅行業者の関与が疑われる場合、地方運輸局より国土交通本省を通じて観光庁に通報され、旅行業者等に対しては立ち入り検査等旅行業法に基づく措置が講じられます。

時間・キロ併用制運賃の考え方


時間制運賃の最低保障

時間制運賃の最低運賃(3時間)を維持しつつ、出庫前・帰庫後の点検時間として2時間を全ての運行に加算します。
※1 時間制運賃
◎3時間運行の場合
5(時間)×(時間あたり運賃)=(時間制運賃)
◎10時間運行の場合
12(時間)×(時間あたり運賃)=(時間制運賃)
※2 キロ制運賃
出庫から帰庫までの回送を含めた距離

一般貸切旅客自動車運行事業の変更命令の審査を
必要としない運賃・料金の額の範囲(中国運輸局管内)

運輸安全マネジメント会社概要mtラッピングバス稲荷交通スタッフ緊急時の対応について座席表ダウンロード定番観光スポット求人のご案内求人のご案内
稲荷交通は(平成27年度)貸切バス安全性評価認定(★)の認定を受けました。
貸切バス事業者安全性評価認定マーク
貸切バス事業者安全性評価認定

日本バス協会に加盟しています
日本バス協会会員証
貸切バス事業者安全性評価認定